たぶち まさふみ オフィシャルブログ

日本消化器内視鏡学会指導医 元東大医学部講師による、医療・政治ブログ

事故

菅内閣不信任案をめぐる大騒動 菅首相はうそつき! 

 3月11日から85日目。その後調査が進むにつれて、大地震、大津波に誘発された福島第一原発事故は、当時の政府の発表にくらべてはるかに深刻なものであることが分かってきた。炉心は事故当時 は壊れていないといわれていたが、事故当初6~12時間に壊れ始めていて、核燃料は原子炉ばかりでなく、周囲の原子炉密閉格納容器も貫いていた。 事故当初、政府は事態を十分掌握できていなかったのである。当時の枝野官房長官の発表には嘘が多く、国民の命にかかわる本当に大事な情報がいろいろと隠されていた。 なかでも衝撃的だったのは、菅首相が放射能の汚染速報システムspeediの情報を自分だけが利用して国民に知らせなかったことだ。原子炉爆発当時、放射能を恐れて、逃げ惑った国民は、汚染の低いところから、汚染の高いところ逃げた人もいて、政府と菅直人という人物に大きな失望 と恐怖を抱いた。


 菅直人さんは心の奥底では、日本の国民のことなど露ほども考えていない。彼にとって国民は自分のための道具にすぎない。彼はほんとうに日本人なのか? こんな人物が総理大臣をしていれば、被害はますます拡大し、死なずに済む人も死んでしまう。


 今日は、政治の世界は大混乱だった。昨日、自民党と公明党から菅内閣不信任案が提出された。採決に先立って、民主党の代議員大会が開催されて、テレビ中継された。民主党のなかからも80名以上の賛成者が出て不信任案は可決されるということで、劣勢に立っていた菅首相は、自分は自ら退陣するので、党を割るような行動をとらないでほしいと民主党の代議員に訴えた。退陣するという言葉を聞いて、民主党内の菅首相に反対する勢力は、不信任案に賛成する動きをやめて、不信任案に反対した。そのため、不信任議決案は否決された。


 ところが、否決されるとすぐに、原発事故が解決するまで、少なくとも来年までは、首相を続けると言い始めたので、みんな、驚いた。誰もが詐欺だと思った。こんな詐欺を働く人が、総理大臣だなんて、なんてことだ。


 欧州では、今回の放射能事故で、日本では四十万人が死亡するだろうという予測が出ている。


 たしかに、癌死亡者数が5~10%ぐらい増えて、10~20年続けば、そのくらいの死亡者数になるだろう。


 この危機にこの首相では日本国民が危ない。


 クリニックの案内・地図(ポリープ切除付)無痛内視鏡消化管ドック田渕正文院長の履歴

田淵正文院長の業績消化器疾患について超音波による前立腺がん治療:HIFU | E-mail |

中目黒消化器クリニックの第2ホームページ| 職員募集

大腸内視鏡挿入時の大腸穿孔事故の回避方法

 先ごろ、知り合いの先生の病院で、大腸内視鏡挿入時の大腸穿孔事故が2件立て続けに起こったそうだ。一例は、S状結腸の大きな憩室を大腸の管腔と勘違いしたのが、原因。また、一例は卵巣部の癒着により挿入が困難な症例であったそうだ。それぞれ、大腸内視鏡を始めて、約500例目の先生と、約1500例目の先生が起こしたそうだ。昨日、その病院に用件があって出向いたとき、知り合いの先生から、どうすれば、大腸内視鏡挿入時の大腸内視鏡穿孔事故を回避できるのかと尋ねられた。

 大腸内視鏡挿入は、簡単な症例もあるが、難しいときは本当に難しい。だいたいベテランの私でも、400例に1例くらいは困難、1000例に1例は超困難と感じる症例がある。難しくなったとき、内視鏡が進まなくなると、内視鏡医師はあせり、いらつく。その感情が理性に勝って、無理な操作をすると穿孔につながる。感情が高ぶると無意識に手に力が入ってしまうものだ。手にかかる力は、作用・反作用の法則で、まさに、腸壁にかかっている力だということを忘れないようにしてほしい。

 内視鏡医師は感情が高ぶったら、それを自覚して認識して、冷静に自己コントロールを図る必要がある。急ぐのをやめ、内視鏡から手を離し、鉗子挿入口を全開にして10分ぐらい休むとよい。お茶でも飲んで気分をかえる。腸管から空気が抜けて、大腸の形が変わり、突然、入りやすくなるということもある。また、体型にあったスコープに代えるのも手だ。やせた人なら、細いスコープに、太った人なら、太いスコープというぐあいに。もちろん、やっぱり、入らないということもある。500例目ぐらいだと、回盲部までの全大腸の挿入率は90ないし95%ぐらい(10ないし20件に1件は入らない)、1500例では、97ないし98%ぐらい(40件に1件くらい入らない)が平均的だから、入りにくいものは無理をせず、それ以上の挿入を諦め る。穴を開けるよりはマシだ。そして、日を変えて再トライするなり、更なる上級者にお願いするのが良いと思う。

 私は、これまで、約4万件の大腸内視鏡検査を行ってきたが、「やさしい操作」と「熱くなったら一休みの精神」を心がけることで、幸いにして、大腸内視鏡挿入時には大腸穿孔を起こしたことはないが、それでも、油断はしていない。

アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ